肩施術

肩こりのせいで、日常生活にまで影響を及ぼしていませんか?

最新の国民生活基礎調査(平成28年)では、

男性1位「腰痛」、2位「肩こり」

女性1位「肩こり」、2位「腰痛」

であり、毎年1位2位を争うほど、肩は症状が出やすい場所なのです。

肩こりは、頭痛、手の痛みや痺れ、めまいをもたらす原因になっています。

さらに放置して悪化すると、全身の倦怠感、いらいら、不眠にもつながります。

このようなお悩み抱えていませんか?

肩こり、腰痛が気になり仕事に集中できない
首が凝ってくると、頭痛がする
病院や整骨院など通ったが治る気配がない
根本的に改善する施術を受けたい

上記のようなお悩みを抱えていましたら、当院の専門的な肩施術を推奨します。
当院が行なっている施術は、キネシオロジーテーピング療法の理論を基にした肩施術です。


他店との違い

本サロン代表の吉田は、キネシオテーピング協会認定の指導員を経験しました。

APULA(アプラ)では、主にキネシオロジーテーピング療法の理論を基にした施術を行います。
カラダの不良の原因は、症状が現れている場所にあるとは限りません。不調部位とは、違う場所が原因であることも多いです。
本サロンでは、その不調の原因を丁寧にチェックし、適切なアプローチ方法を選択して施術します。必要に応じて、セルフエクササイズの指導も行います。

本サロン代表の吉田は、理学療法士としての臨床経験、医学博士・養成校教員としての研究・教育経験があります。

これらの経験を活かし、肩周辺の不調に対して施術していきます。特に、四十肩、五十肩でお悩みの方、慢性的な肩こりでお悩みの方はご来店ください。

肩の施術は、カラダの構造について熟知し、「肩の回復過程」に合わせて適切なタイミングで、適切なアプローチをすることが大切です。長引く不調でお悩みの方は、状態をチェックさせていただき、不調の原因を突き止め、対処方法を丁寧にお伝えします。


肩関節複合体とは?

肩の施術を行う上で、肩に関する構造的な知識は必要不可欠です。
一般的に言われている肩とは肩間接複合体(かたかんせつふくごうたい)のことで、様々な骨や関節で成り立っています。運動は筋肉によって行われています。

 

なぜ、肩は不調になりやすいのか?

普段の姿勢、手や肩の使い方、ケガにつながる運動方法の問題によって肩の不調が起こっていることがあります。
肩の関節は、浮遊関節と呼ばれています。浮遊関節は、私たちが一番動かしている関節です。動きやすい関節だけに非常に不安定であり、姿勢などのちょっとした変化でも大きな影響を受ける場所なのです
肩の不調にアプローチするためには、肩だけでなく全身の構造や機能の理解が必要と言えます。


肩に関する研究業績

<論文>

1) T2緩和時間を指標とした15%最大筋力時の手関節伸展運動筋の解析
(獨協医科大学雑誌、2017年)

2) Changes in T2-weighted MRI of supinator muscle, pronator teres muscle and extensor indicis muscle with manual muscle testing
(JPTS、2017年)

3) 自然立位の脊柱アライメントと肩甲骨位置および肩甲上腕関節外転可動域の関係
(理学療法科学、2014年)

4) テープメジャーを用いた肩甲骨位置測定法による肩関節外転時の肩甲骨運動動態
(理学療法科学、2012年)

5) Measurement errors of a test to determine the scapular position using a tape measure
(JPTS、2011年)

6) テープメジャーを用いた肩甲骨位置測定法の検者内・検者間信頼性
(理学療法科学、2011年)

<書籍>

ブラッシュアップ理学療法:肩関節障害にみられる頭頸部の代償パターンを微調整する
(三輪書店、2012年)


主に、皮膚や筋膜などの「膜組織の乱れ」を見つけ、筋肉や関節に悪影響を及ぼしている問題を取り除きます。
イラストは、様々な原因で、膜組織の乱れている状態のイメージです。
左図と中央図では、姿勢と膜組織の乱れの両方がみられます。
右図では、姿勢は良いのですが、膜組織の乱れがある状態です。

見た目だけでは、わかりにくい膜の乱れをダイナミックな動きのチェックや皮膚を触ってのチェックでこのような状態を目指します。
キネシオロジーテーピングとは?

キネシオロジーテーピングとは、専用のテープを使用し、筋肉や関節の痛みなどの様々な症状の改善を図るテーピング法です。

キネシオロジーテーピングの利点

左図:人間の組織の断面イメージ図です。人間のカラダの様々な組織が層のように連なっています。
その組織間には10ミクロン(サランラップ1~2枚程度)の隙間があると言われています。

中央図:マッサージなどの手で行う施術のイメージ図です。
基本的に手で行う施術は各組織をつぶすテクニックです。

右図:キネシオロジーテーピング時のイメージ図です。
キネシオロジーテープを皮膚に貼ると、各組織間に隙間を作ることができます。

 

キネシオロジーテーピングの4つの効果

キネシオロジーテーピングの利点によって、以下の4つの効果が得られると言われています。

・ 筋肉の機能を改善させる。
・ 血液、リンパ液などの体液循環を改善させる。
・ 痛みを緩和させる。
・ 関節の矯正をする。

 

キネシオテーピング療法とは?

キネシオロジーテーピング療法とは、人体の比較的浅い場所へのアプローチから膜組織の乱れを調整し、リンパ液の還流調整、痛みの緩和、ゆがみの調整などを目的に行うテーピング療法です。

本サロンでは、キネシオロジーテーピング療法のスクリーニングテストの結果を基に、施術いたします。

 

キネシオロジーテーピング
に関する研究業績

<論文>

1) キネシオテープの貼付有無と方向の違いが大腿直筋の筋機能に及ぼす影響
(理学療法科学、2014年)

2) 理学療法評価としてのスクワット動作の見方とキネシオテーピング
(月刊スポーツメディスン、2013年)

3) 両肩甲骨間に貼付したキネシオテープが肩甲骨位置に及ぼす影響
(理学療法科学、2013年)

4) キネシオテーピング®の理論と基本貼付法
(理学療法科学、2012年)

<書籍>

若手セラピストのための整形外科アプローチ3:皮膚から考える身体の“歪み”の評価と治療戦略
(エターナル出版、2015年)

 

施術の内容

① アンケート記入(初回時)

簡単なアンケートにお答えいただきます。肩周辺の不調についてもお伺いします。

② 詳細の聞き取り

アンケートをもとに、詳細の情報についてお聞きします。

③ カラダチェック

不調部位の原因を探るため、カラダのチェックを行います。肩周辺以外にも説明の上で全身のチェックを行います。

④ 肩周辺の施術

痛みや不快感がないか確認しながら施術していきます。

⑤ 肩周辺以外の施術

カラダのチェックで、肩周辺以外に不調の原因があると判明した場合、説明の上でその問題箇所の施術を行っていきます。

⑥ 施術の説明、セルフエクササイズの指導

最後に、カラダのチェック・施術の内容について説明します。セルフエクササイズの指導も行います。

 

施術料金

肩施術
施術対象:肩周辺の不調にお悩みの方

40分ショートプラン8,800円(税込)

60分ベーシックプラン10,800円(税込)

80分ロングプラン12,800円(税込)

40分学生プラン6,480円(税込)

初回施術は、丁寧にカラダのチェックを行うため60分ベーシックプランをオススメしています。
※ 学生プランは大学生までです。学生証の提示をお願いいたします。

 

よくあるご質問

 

予約は必要ですか?

当店は、完全予約制となっております。メール、お電話にてお問い合わせお待ちしておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

持ち物、服装はどうしたら良いですか?

持ち物は特にありません。
APULAでは、肩周辺だけでなく、場合によっては別部位への施術も行う可能性があります。運動ができる服装をお持ちいただくか、軽装でお越しください。

 

どれくらい通った方が良いですか?

肩や体の状態によって変わります。
初回施術のときに、状態の説明と今後の方針についてお話しさせていただきます。コンディショニングやメンテナンスのため、1ヶ月に一回や、2ヶ月に一回程度の頻度で通っていただくことをオススメすることがあります。

お問い合わせはこちら

ご予約フォーム